アーティスト生活8年目にして初めてmoleskineを持ってみる

先日33歳の誕生日を迎えた。

自分が、自信が無いながらも「絵描きです」と言って絵を描き始めてから、8年くらいが経っただろうか。

絵は好きで描いていたし、仕事がある時も仕事が無いときも、一応自分は「アーティスト」としてその他に仕事をしていたとしても本業は「絵描き」だと言い続けてきた。多分そういうスタンスで周囲に絵を仕事にしていると言い始めたのは、ニュージーランドで1年間うろうろと旅をして日本に戻ってきて間もなくだったと思う。

そんな僕が、持ち物でこれを持っていればアーティストっぽい!と考える物の最たるものが「Moleskine(モレスキン)」のノートだった。

以前からすごく憧れを持っていたけど、なにせこのモレスキンは「高い」のである。

いつも新品のノートを卸しても、最後まで使い切らずに終わってしまう僕にとって、欲しいなと思ってはいたけど宝の持ち腐れになると思って手を出せずにいた。

でも、自分が好きで見ているアーティストは、InstagramやFacebookなどに、#moleskineなどとハッシュタグをつけてスケッチ段階の絵をシェアしていて、そのスケッチのクオリティの高さに自分もいつかはモレスキンに自分の絵を描き込んで、ペラペラめくりながら動画を撮ってYouTubeにUPする、そんなことをちょっとばかし夢見ていた。

すると誕生日のプレゼントとしてこのmoleskineのポケットサイズスケッチブックをいただきました。

これはもう描くしかない。

紙を無駄にすることを恐れず。。

今の自分ならきっと素敵な絵でmoleskineのページを埋めることが出来るはず。

そう信じてついに描きはじめました。

これから制作過程も含めてInstagram (@noahsartgallery) にアップロードしていくので是非フォローお願いします。

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です