絵/線画/ゼンタングルをうまく描くコツ?

最近は、自分の作品制作に時間を取られ中々ブログを更新できずにいましたが、自分の絵のクオリティや世界観を広げるため試行錯誤しながら絵を描く日々が続いていました。

そんな中でも、日々YouTubeやInstagramのチャンネル登録者さんの数は増えていき、コメントも良くいただけるようになってきました。

ただ、、

海外からの質問に多いのですが、「自分も絵を描くんだけど何かコツは?」というもの。。

結構困ります(゜_゜>)

「たくさん描いてください」としか言えないからです。

そう答えると「Haha, thanks」といった感じで残念がられます。

自分自身、日々試行錯誤しながら、うまい人の絵を見ては線の描き方などを真似して、点描の打ち方を真似して、世界観を自分のものにするべくいろんな人の作品を見て盗めるところは盗んでいます。

もし僕の絵で少しでも良いな~と思うところがあれば、盗んでください(笑)

自分が、他のアーティストさんの作品を見るときに考えることは以下の点です。

「観察」「分析」「真似る」→上達!!

1.まず、自分がこういう絵を描きたい!この人すごい!と思うアーティストさんとその作品を見つける。

2.自分は何故このアーティストさんの絵が他の人の絵に比べて上手いと感じるのかを(出来るだけ具体的に)挙げる

3.自分の絵と比較をする。盗めるところはあるか観察し、身につくまで真似する。

もう少し思考と試行の流れを具体的に説明しますと、自分が「このアーティストさんすごい!」「こういう絵を描きたい!」という人の作品を見つけたら、出来るだけ具体的に、例えば「余白の使い方」「立体感」「線の流れ・重なり」「世界観」「絵に動きがある」など、なんでもいいので「なぜそのアーティストさんの作品が良いと思うのか」出来るだけ具体的に挙げます。

そして、その後自分の絵との比較です。
自分が絵を描くときに、今列挙したポイントが出来ているかどうかを考えます。
そして、それが出来ていなければどうしてなのか、どうしたらできるのかを考えます。

自分が他の人の絵を見て「すごい!」と思う時は、何かしら「自分にできていないことがその人には出来ている」ことが多いです。

自分に出来ることを他の人がやっていてもあまり「すごい」とは思いませんよね。

他の人を「すごい」と思えるという事は、何かを「盗める」という事です。
すごいと思える作品を見つけたら、あなたの作品が成長するチャンスです。

なので、まずは沢山自分が上手いと思えるアーティストさんの作品を見ましょう。
そして、なんで上手いと思うのか徹底的に分析しましょう。

最近では、自分はとあるフランスのアーティストさんの絵の一部に描いてあった「鉱石」の描き方がとても気に入り、その鉱石の部分だけ何度か真似して描いてみたりしました。
又あるときは、他のアーティストさんの「葉脈」の描き方や、「鳥の羽」の描き方なんかも真似しました。

IMG_0012<img class="ranking-number" src="https://noahs-art-gallery.com/wp-content/themes/atlas/img/rank01.png" />こうすることで、成程、鉱石は「影の線をランダムな方向から入れることで光の反射の違いを見せられるのか」とか、「葉脈はアウトラインに使う線よりも心持細いもので描くといいのか」など、様々な発見があります。

自分が思う絵がうまくなるコツは

「観察すること」
「分析すること」
「真似ること」
「盗むこと」
「自分のものになるまで描きつづける事」

以外にないと思っています。

特に「見る事」はとても大事で、絵が上手な人はみな良く見ています。
絵心がない人、、とよく言いますが単純に、物事を見て正確にとらえる事が出来ていないのだと思います。
よーく見て真似る、ただ、その後コピーにならないように「離れる」という事が大切です。
あくまで、自分の技術の向上のために真似をしましょう♪

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です