植物とコウモリのART作品★Botanical wave × Bat

2015年8月初旬から9月いっぱいまで、銀座三越さんに展示していただいていた作品
「晩夏蝙蝠(Botanical wave × Bat)」を返却していただきました。

予定の2週間ほどの展示から、さらに1ヶ月間も延長して展示して下さった銀座三越さんには本当に感謝です。おかげさまで、多くの方に足を運んでこの絵を見ていただけたと思いますし、自分のことも知っていただけたのではないかなと思います。

そんな中、返却していただき5枚そろったので、今までの制作過程と合わせて、完成画像も公開しようと思い、Noah’s ARTのBehanceに新規プロジェクトとして公開いたしました。

★Botanical wave × Bat (晩夏蝙蝠) :Behance

Behanceに完成画像公開!ボタニカルウェーブ×コウモリ

最近では、多くのアーティストがBehanceに登録しているという事もあり、自分も新たなチャンスと縁を求めて最近はBehanceにも自分の絵を制作過程と一緒にプロジェクトを公開するようにしています。

5d185430509497.5626730ca5107Behanceでは、なるべく多くの画像で制作過程が分かるようにしようと心掛けているので、このウェブサイトよりも画像がメインになっています。

多くの利用者が海外の方なので、ほぼ英語のみで公開していますが、文字は多くないので是非見ていただけると、作品の大きさや細かさを見ていただけると思います。

以前も、Behance内のアーティストの作品の完成度の高さについて記事を書きましたが、紙媒体のポートフォリオと同様に見せ方の工夫やインパクトの与え方等によって、見られる回数も評価も変わってくると思います。自分は、作品数もまだまだですが、これからも実際の展示のみならず、オンライン上でも見ていただく機会を増やせるようにしていこうと思っています。

d1016530509497.562796919d0ae5枚作品がそろうと、どう頑張ってもカメラで全容をとらえきれませんでした。 横幅は、ほぼ3メートルになるので、自宅リビングではこのモノクロの写真のような状態が精一杯です。

毎回、展示やお仕事での大きめの作品を作った後数カ月たつと感じる感覚なのですが、後になってみて「良くこれ描いたな、もう今やれって言われてもたぶんムリ」って感覚です。

でも、新たな作品をこれよりも細かく大きく!と言われるとできると感じます。

気持ちが前に向いているという事なのかもしれませんが、スイッチがオンになっている時はそれほど苦にはならず、むしろ楽しいという気持ちの方が大きいです。

仕事になると、締め切りに追われて、その範囲内での大きさや細かさにとらわれてしまうので、今度は同じようなサイズで、時間を気にすることなく半年くらいかけて完成に持って行けるような作品でも作ろうかなと、考えたりしてますが、そんなこんなしてるうちに次の仕事が入ってきそうな気がします。。

繰り返しになりますが、是非Behanceで公開しているそのほかの画像もご覧いただけると幸いです。

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です