[:en]Artistic hair salon SWAG. in Ikebukuro, Tokyo過去作品が与えるプレッシャー★特別な空間”SWAG” in 池袋

[:en]Last week, I went to a hair salon called “SWAG.” settled in Ikebukuro, Tokyo.

It’s been three month since I came here last time.

The owner of this hair salon Mr. Issei was a football player before he started this hair salon, so there are so many football player having their hair cut in this place.

Last October-November, I made murals for 2 years anniversary of this hair salon.

Every time when I visit here to have hair cut, I think “Oh how did I make this murals…wow”
IMG_8589IMG_8590

This mural was my first time experience so I was considering so many things, and I tried.

That was a big challenge for me but made it somehow.

I spent more than 3 weeks for this.

I visit this place frequently after work, the drew it til the last train.
Not only me but also the owner Issei was also stayed until I finish drawing.

That was really tough but really fun.

Now I just feel that was really hard. But I’m forgetting the chemistry and also feeling that there is just my mural is exist.

“Is it possible to make better murals for me!?”

I start suffering this kind of feelings every time when I visit here.

Where does this presser come from!?

During making murals, my wife was helping me a lot. That was also big reason that I could make this nice murals.

It’s been 8 month.

Am I getting better!?

I don’t think I can make better work than this even if I could go back to the past right now.

It’s not mean that my drawing is getting worse. When I create something like this murals, I think “feelings”,”chemistry” and “motivation” are really affect me and my creations.

My own creations which I made in the past gives me a big pressure sometimes.

Especially, this murals were created in the really nice mood and spent a lot of time with owner issei, and I tried harder because it was my first time wall painting.

 

Those reasons make this murals special for me, and feels me some pressure that I need to create better “chemistry” and “motivations” when I create something new.

It’s not matter of techniques of drawing, it matter of “Chemistry”.

But, after thinking like this way, this murals stimulate me to go to the next steps, and also the SWAG became special place for me.

I had my hair cut, then refreshed.
I think I can go further.先日、散髪をしに昨年秋にウォールドローイングをした池袋の”SWAG”さんに行ってきました。

春先にも訪れた以来3カ月ぶり。

当たり前ながら、入り口を入ると迎えてくれる自分の描いた絵があります。
IMG_8589IMG_8590前回来た時にも思ったことだけど、

「よく描いたなこの絵、、」

ってのが正直な感想です。

依頼を受けて、いろいろ考えて悩んで準備して、、

初めてのウォールドローイングという事で大きなチャレンジだったけど、何とかやりきったこと。

3週間ほど通い詰めて、オーナーのisseiさんに終電まで付き合ってもらいながら最後までやりきったことは、すごく楽しい時間でもありました。

その時の、悩んだ時間、寝ずに描いてた時間の感覚は過ぎ去って、少し忘れてきたのか、今は絵だけが残っている感じがします。

「この絵を超えることはできるんだろうか?」

来るたびにそんな感覚に襲われます。。

プレッシャーの所在 超えられないと思う感覚はどこから来るのか!?

当時付き合っていて、今は自分の奥さんとなった人には助手としてずーっと手伝ってもらい、だからこそできた絵でもあります。

あれから8か月。。

自分は果たして成長しているんだろうか、、
そして今の自分が8か月前に戻ったとして、この絵以上のものを描けるのだろうか。。

多分、できないでしょう。

それは、自分の絵が下手になっているとかそういう話ではなく、
その時の「感覚」というのはやはり特別なもので、
その仕事に取り掛かってる時の全てが合わさって作品が出来上がってると思います。

きっと同じものを作ろうとしてはダメなんだと思います。

今の自分の感覚は、8か月前とは全然違いますし、その間出来てきたこのお店やスタッフさんとの関係や、オーナーのisseiさんとの関係も大きく変化してきています。

過去の自分の作品は、時に自分にプレッシャーを与えます。

特にこのSWAGに描いた絵のような、濃密な時間を過ごし、その中で生まれた絵は、その空気感から解放された瞬間、何か独り立ちしたような気がしてなりません。

絵の技術は8か月前よりは多少はうまくなっている自信はありますが、そんな急な変化は中々ありません。
ただ、一番大事な「表現をしている瞬間の感覚」や「モチベーション」「プレッシャーのかかり具合」というのは特別な感覚です。

特に、ライブペイントやお客さんのいるご依頼先で描く絵は、自分以外の空気にコントロールされる場所なので、より一層感覚が研ぎ澄まされます。

ただ、先に進むうえでこれだけ濃密な時間を過ごして作品制作に取り組んだことを思い出させてくれるこの美容室は、自分にとってスイッチを入れ替える事の出来る素敵な場所となりました。

髪を切ってもらい、さっぱりしてまた先に進んでいけそうな気がします。

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です