ボルダリングで肩こり&ストレス解消★絵描きには最適なスポーツかも!?

自分は基本的に平日の仕事以外は、自宅のデスクの前に座りパソコンと向かい合いながら食事と睡眠以外を創作活動に費やしています。

休日は、集中して創作活動にいそしめる日なのでもうひきこもりです。でも、この時間が何よりも楽しく、週末が待ち遠しいのではなく、「週末に自分の絵が描ける」「自分の創作活動に専念できる」のが何よりも楽しみです。

しかし、ずーっと引きこもっているわけではありません。
唯一、自分が毎週楽しみにしているものがあります。

それは、

ボルダリング(Boudering)」です。

ボルダリング(Bouldering)とは!?

室内で、ロープなどを使わずに(施設によってはロープクライミングが可能な事務もあります)、壁に設置された「ホールド」と呼ばれるカラフルで様々な形状をした突起物をつかんで登るスポーツです。

パワーが必要なように思えますが、柔軟性や体重の軽さなども関係するので老若男女楽しめるスポーツで、有酸素運動ではないのですが体をひねったり、しがみついたりするのでエクササイズ効果も高いです。

ボルダリング

ボルダリングがお勧めな理由とは!?

1.コスパが良い

初回登録料やシューズレンタル料を除けば、毎回1000~1800円位で数時間スポーツが出来ます。服もユニクロなど動きやすい恰好なら何でもOKですし、仕事終わりに通うサラリーマンもすごく多いです。

2.肩こり&腰痛解消!?

しっかりとストレッチをする、運動の後のアイシングなどのケアをしっかりするなど、メンテナンスは当然必要ですが、肩回りや腰回りを良く動かすので、肩こりや腰痛の解消につながります。

これは自分の個人的な感想なので、トライする課題によっては例外もあると思います。
懸垂のような動きを毎回するというよりは、壁にしがみつくので「保持」する際の体幹やインナーマッスルを使います。又、下半身をよく使うので足回りや腰痛にはとてもいいと思います。

普段から、机に向かって作業している人にはとてもいいのではないでしょうか?
実際にボルダリングジムには、プログラマーさんや絵描きさんを良く見かけます。

3.達成感がある

いくつもレベルごとにルート分けされていて、難しくてなかなかできない課題などがあるのですが、それをクリアできたときは「長時間かけて緻密な絵を1枚描き上げた」ぐらいの達成感と、昂揚感、満足感があります。 登ってる時には集中し、楽しい上に頭を使うので、「調子よくすらすらといい絵を描いていて、深夜になっても寝るのがもったいない!」と感じるときのアドレナリンが出まくってる時の状態にとても似ています。

4.上達が明確にわかり、向上心が持てる

絵や語学など、ずーっと続けていてもいまいち上達が分かりにくいものがあると思います。自分も毎日絵を描くようにしていますが、日々過去の自分の作品と見比べるようなことはしないので、いまいち上達しているのかどうか分かりにくいです。

以前の記事:(趣味と仕事の境界線~自信をつける方法~)でも描きましたが、辞めずに如何にモチベーションを保ち続けるというのはアートを続けるうえでとても大事な要素だと思っています。

「やり続けていると、上達している」

その、「努力が報われている実感」をボルダリングでは感じやすいです。
頭を使う事、体を使う事、こっそりトレーニングすること、、ちょっと工夫したり、週1回でもいいから通い続けることで、先週出来なかった課題が、すんなりできたりします。

この瞬間、達成感とともにまた次の新たな、さらにちょっと難しい課題に向かえるわけです。

個人的には、頭を使わない(工夫しない闇雲な)努力は無意味とも考えてるので、単純に筋トレだけでは上達しない所もボルダリングに魅力を感じている点です。
(※自分より小柄な女性や、年配の方々で自分よりもはるかに難しい課題をやってる方がわんさかいます。筋力がすべてではないのです)

このように、語学の勉強や絵の練習/仕事などでは、「小さな成功」や「小さな達成感」を感じにくいのですが、ボルダリングと合わせて習慣づけて行うことで、意識的にモチベーションの維持につなげています。

最近なかなか達成感を得られていない方、モチベーションが上がらない方、身体を動かしたいけど激しい運動はちょっと、と言う方、ボルダリング最高ですよ!

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です