革に電気ペンで描いたフラミンゴ★Society6で販売中!

かなり前に、電気ゴテで革の裏の起毛を焼きながら描いたフラミンゴがありました。。
(この画像の記事はこちら)
leather flamingo 1 leather flamingo 2 leather flamingo 3 IMG_3864

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、革の裏面にはどのような感じで描けるのかのテストの為に、なんとなーく描いたもので、現在はこれは見えないようにして別の革細工の一部として使ってしまっていますが、一応全体図の写真は残してありました。

何となく、写真だけ残しとくのももったいないなと思い、Photoshopで加工してデジタルのデータにしてSociety6のグッズにしてみました。

Society6の商品たち

17365204_10988776-bagtote16_l 17365204_10988776-plwfr2_l 17365285_9103048-sswcz004_l 17365285_9103048-tsrmw122_l 17365299_2113578-caseiphone647_l

 

 

 

 

 

 

 

 

と、こうやって過去のイラストなんかを掘り出すと、お蔵入りしたものがいっぱい。。
不思議なことに、その当時はあまり響かなくても、今見たら結構いいじゃん、、ってのがありますね。
このフラミンゴ( Flamingo)なんかもそうです。

加工の仕方にもよりますが、自分はそこまでPhotoshopなどのデザインソフトは得意ではないので、あまり凝ったことは出来ませんが、革に電気ゴテで焼き描いた質感は少しそのまま残っていると思います。

自分の中では、この革に描いたフラミンゴは中々よく出来てると思います。
下描きしないで、焦がして描いたにしては、うん、上出来。

こういうのも、世界中でどっかの誰かが買って着てくれてたりするんですよね。

そんな、トライバルフラミンゴの商品はこちら★
そして、Society6での購入方法はこちら★

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です