[:en]My Drawing materials for Zentangle画材紹介★ゼンタングルに使っているペン

[:en]These days, I’m uploading my drawings/zentangles on YouTube or Facebook, so it’s really easy to access my art works from everywhere in the world. Yesterday I got some request about my drawing materials on Facebook, I decided to introduce them in this blog.

What pen am I using for drawing and zentangle!?

Pens in the photo which I put as a eye-catch image is my drawing materials. Normally, I pick one ball-point pen as a main pen, and also I pick one fine-pen for the detail part such as flower petals.

IMG_7256 IMG_7255IMG_7254
Mainly I’m using these pens for drawing / zentangle

◆ZEBRA SARASA CLIP(0.5mm/0.7mm/1.0mm) ※left
◆uni-ball SHIGNO(0.28mm/0.38mm) ※center
◆NOUVEL PIGMA GRAPHIC(0.1mm/0.05mm) ※right

In the video above, I’m using “ZEBRA SARASA CLIP (0.5mm)” as a main pen. And actually, I use this pen as a criteria, then the pen which is thicker than this is used for painting the space in black, and the pen finer than this is used for the detail part such as a petals or shading. In the video(1:01~), I changed the pen to the uni-ball SHIGNO 0.38mm to fill in the space for Yagasuri. When I choose ball-point pen, I always pick “gel ink”.
IMG_7260

And I’m also using marker called “uni PROCKEY” for filling in the big space.(1:46~ in this video). This marker is watercolor and never offset its ink.

And also, (from 3:18~) I’m using NOUVEL PIGMA GRAPHIC 0.1mm to draw the line in the petals.

IMG_7261

Last but not least, I’m using “COPIC Marker(C-1)” (3:38~) for shading. I’m showing how this marker works in this video.

White pen for black paper!! (白いボールペン)


I’ve already uploaded this video 10 days ago in this website, I’m using these pens below.

IMG_7258◆uni-ball SHIGNO UM-153(White) 1.0mm
◆uni-ball SHIGNO UM-120AC

 

Comparing with black ink pen, the line which is drawn by this white pen looks more steric. Somehow when I use this pen I feel a bit it’s sticky, so there is no finer pen than this(UM-120AC). When I use them, I mainly use UM-153 for out-line, and UM-120AC is for the detail part.

Those pens are not so expensive(except COPIC marker). I presume the paper is more important than pens if you want to give the different impression to your drawings. For me, I just need 3 different type of thickness(0.1mm/0.5mm/1.0mm), and those pens should be gel-ink ball point pen. That’s the all things I can tell about my drawing materials. Thank you for reading!

◆Noah’s ART YouTube Channel
◆Subscribe from here!

You can see my drawing / zentangle tutorial videos from the link above. And those are drawn with the materials I introduced in this article. Please take a look and subscribe if you want to know another technique!! Thank you so much!

<Related Article>
◆Article①:「How to draw botanical zentangle
◆Article②:「A technique to make the feeling of depth
◆Article③」「The method of shading with drawing pen ~How to shade in your zentangle
◆Article④:「Trademark and Copyright of Zentangle」現在、YouTubeやFacebookをはじめとして、世界中で自分の作品を簡単に見てもらえる時代になりました。そんな中、特に海外の方から作品制作に関する質問の中で、「画材」に関するお問い合わせが多いので、以前も紹介したことはありますが、今回はそのリクエストにこたえるために英語も交えて、このブログで画材を使用している動画と一緒に紹介しようと思います。

What pen am I using for drawing and zentangle!? (画材紹介)

このブログのアイキャッチ画像としてTOPに載せているのが、自分が主に使っているペンです。ドローイングやゼンタングルなどの線画では、絵の大きさなどに応じてメインで使うペンの太さを決め、花びらや葉脈などに使うペンはメインの物より少し細いものを選んでいます。

IMG_7256 IMG_7255IMG_7254

線画(ドローイングやゼンタングル)を描く時に自分が主に使っているのは、この7種類のペンです。

◆ZEBRA SARASA CLIP(0.5mm/0.7mm/1.0mm) ※left
◆uni-ball SHIGNO(0.28mm/0.38mm) ※center
◆NOUVEL PIGMA GRAPHIC(0.1mm/0.05mm) ※right

この動画では、最初に使っているのはZEBRA SARASA CLIPの0.5mmです。これをメインのペンとして使うことが多いです。これより太いペンは基本的には色塗り、これより細いペンは花びらなどの葉脈や、影つけ(シェイディング)に使います。
動画内で、和柄の「矢絣(やがすり)」を描いている部分(1:01~)では、uni-ball SHIGNOの0.38mmを使っています。
ボールペンは滑りが良くかすれにくいゲルインクのボールペンを使っています。
IMG_7260動画内の和柄の「市松模様」の箇所(1:46~)では、塗りつぶし専用として「uni PROCKEY」を使っています。このペンは水性で裏うつりしないのが良くていつも使っています。

また、(3:18~)では、花びらの細部の描きこみに、NOUVEL PIGMA GRAPHICの0.1mmを使っています。0.5mmのペンと対比させて細さを際立たせるには、0.1mm位のペンじゃないと太さの違いは分かりにくいかもしれません。

 

IMG_7261最後に、以前も紹介しましたがCOPICマーカー
自分は、最後の立体感を出すために、たまにですがコピックマーカーの「C-1」を陰影をつけるために使っています。
この動画では(3:38~)位で、コピックを使ってます。

 

White pen for black paper!! (白いボールペン)

次は、最近も紹介しましたがこちらの動画。使っているのは、このペンです。

IMG_7258◆uni-ball SHIGNO UM-153(White) 1.0mm
◆uni-ball SHIGNO UM-120AC

黒い紙に白いペンで描くと、インクの特徴のせいか線が立体的に見えます。インクの性質は黒いものと若干違う(粘っこい)印象があり、そのせいかあまり細いペン先のものは白インクでは見かけません。 ですので、普段は1.0mmのペンをメインで使い、細部は細い方(UM-120AC)で描きこんでいくようにしています。

先に説明したペンも含め、それほど高価な物はありません(COPICのみ高め)。
どちらかというと、ペンよりも紙の方が書き心地や絵に与える印象の違いなどもあると思います。基本的には、ペンは太さによって用途を変え、途中でかすれないものを選べばいいと思っています。以上、画材紹介でした♪

Noah’s ARTのYoutube Channelで様々なゼンタングル/ドローイングの動画をご覧いただけます。それらはすべてここで紹介した画材で描いています。
是非ご覧いただき、今後も紹介していく動画を見てみたいなと思う方は是非チャンネル登録をお願い致します♪

◆Noah’s ART YouTube Channel
◆チャンネル登録をする!

<ゼンタングル関連記事はこちら>
◆関連記事①:「ボタニカルゼンタングルの描き方
◆関連記事②:「ちょっとした工夫でゼンタングルに奥行きを生むテクニック
◆関連記事③」「ドローイングペンでの影のつけ方~立体的なゼンタングルを描く方法
◆関連記事④:「ゼンタングルと著作権/商標について思うこと

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です