YouTube登録者数が1000人を超えるとできる事

先日、Noah’s ART YouTube Channelの視聴登録者数が1000人を突破しました!

いつも見て下さっている皆様、ありがとうございます。

YouTubeにおいて、1000人という登録者数は、YouTube関連で様々な機能が使えるようになる区切りの数字です。
では、YouTubeで登録者(Subscriber)が1000人を超えるとどのようなことが出来るようになるのでしょうか?

ファンのリストが見れる!

チャンネル登録者数が1000人を超えると、クリエイターツール内の「コミュニティ」のセクション内でファンのリストが見れるようになります。

ファン ページには、YouTube チャンネルでの公開の利用状況を基準として、最も関与レベルが高く影響力が強いファンのリストが表示されます。このリストは、デフォルトではチャンネル登 録者数と関与レベルを組み合わせて並べ替えられますが、いずれか一方の要素で並べ替えることもできます。 -YouTube-

自分のページにどの程度関与しているか(コメント回数など)で、熱心なファンなのかどうかなどを把握することが出来、Google+ユーザーであれば、ファンをサークルに追加したり投稿を共有したりすることができます。それによって、YouTube外でも、そのファンに向けてのみ公開したい動画をアップロードしたり、メッセージのやり取りなどを行うことで、より密接なつながりを持つことが出来ます。

ファンファインダーが使える!

ファン ファインダーとは、チャンネルの内容を視聴者に理解してもらうための動画広告を配信するツールで,作成した自分のチャンネルを紹介する短い動画をYoutube全体で他の動画の前に流すことが出来ます。

有料チャンネルが持てる!

有料コンテンツは、料金を知ら貼った人だけが見ることが出来るチャンネルです。自分は、まだ持つ予定はありませんが、いつか自分だけのオリジナルコンテンツが出来てきて、有料でも見たいと思ってくれる人が出てくるようであれば是非やってみたいです。

Famebitに登録できる!

これはYoutTube外部のツールですが、Famebit(フェイムビット)というマッチングサービスに登録することが出来るようになります。1000人以上のチャンネル登録者を「インフルエンサー」という「個人で影響力を持つ人」という位置づけで、企業とマッチングを行っています。

企業は登録している人の中から自社の製品にマッチした人を雇用し、動画配信してもらうことで広告塔の役目を果たしてもらい、Youtuberは企業から賃金を得ることが出来ます。

Famebitでできる具体的なコンテンツとしては、

◆Sponsorships :
企業からの案件の提案。それを見て自分のコンテンツと合致していれば、自分のページ/チャンネルを提案(proposal)できる

◆Collaborations :
登録YouTuberとコラボしたい人は、どんなYouTuberとどんな内容でコラボしたいのかを明記し、コンタクトが取れる。すでに沢山のコラボ希望がページ内にあるので、自分からコラボしたいYouTuberを選んでproposalを送ることが出来る。

◆Rewards :
もし自分の知り合いのYouTuberをFamebitに紹介し登録してもらうことが出来れば、ポイントがもらえ(1人紹介につき400ポイント)、そのポイントに応じた商品がもらえる。YouTuber向けの商品として、GoProや一眼レフなどの撮影機材から、ギフトカード、Mac book air、動画編集ソフトFinal Cut Proなど様々な商品が用意されている。一番少ないポイントで貰える商品が、「$25 Sephora Gift Card(2500ポイント)」、次が「スマホ用のトライポッド(3000ポイント)」、高ポイントの商品は「Go Proのブラックエディション(40,000ポイント)」や「13インチのMac book air(100,000ポイント)」などがある。

YouTube Space Tokyoは2015年度からは5000人以上の登録者数が必要になった!?

こちらYouTube Space Tokyoの紹介動画です。

YouTube Space Tokyo

六本木ヒルズにあるYouTube Space Tokyo。
2014年度までは、施設の利用はYouTubeパートナーシップに登録をしていて、チャンネル登録者数が100人を超えていると利用できたようですが、今年からは施設の利用規約が変更になったようです。 撮影に関しては、下記の通り5000人以上のチャンネル登録者数が必要になったようですね。 ワークショップやイベントはすべてのYouTubeクリエイターが変わらず利用できるようです。きっと、1000人の登録者数というハードルはそんなに高いものではなくなってきたんですね。

10888844_769032003183470_1522585708427265564_n

まとめ

YouTubeチャンネル登録者数1000人という数字は、YouTube内の様々な機能が使えるようになることや、FameBitの様な外部のマッチングサービスなどが利用できるようになるので、目標にするのに良い数字だと思います。 これは、客観的に観ても、影響力のある「インフルエンサー」であるという認識を持ってもらえる数値であると思いますが、YouTube Space Tokyoのスタジオ利用者人数の見直しなどから、1000人のチャンネル登録者を抱える日本人YouTuberは余り珍しくなくなってきているのかもしれません。

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です