ゼンタングルアニマル☆フラミンゴ☆

先日ライブドローイングで参加したイベント”MERCADO#5

そのイベントで描いた「フラミンゴ」の絵ですが、実は数週間前に「革」に焼きゴテで描いた絵を元にしてライブで描いたものでした。
たまたま手元にあった良いサイズの赤い革のバックスキンがほのかな赤ピンク色で、
フラミンゴにちょうどいい色だったので、焦げ目で濃淡をつけながら描きました。

leather flamingo 1leather flamingo 2leather flamingo 3leather flamingo 4

 

 
元々植物柄(Botanical:ボタニカル)なデザインを多く描いていますが、動物と組み合わせた絵も多く描きます。
しかし、革に下書きをせず一発勝負で描くのは初めての挑戦でした。
焼きゴテの焦がし方の濃淡や、線画、点描画など描き方による表現の幅は、革という素材にうまくマッチしていて、難しいながらも描いていてとても楽しいです。

 

IMG_3864特に、バックスキンは表面と違い、毛羽立ちがランダムな為、コテの滑りもあまりよくありませんし、焦げの濃さにも幅が出やすいです。
焼きゴテで描くのは表面より難しいですが、細かい表現はバックスキンの方がやりやすいです。
題材としては、フラミンゴなどの鳥類は羽があり、ゼンタングルで表現しやすい個所が多くあるのでアレンジしやすいです。他には魚など「鱗(うろこ)」もゼンタングル独特の表現がしやすいので良くモチーフとして選びます。

IMG_3867周囲に花を入れて完成!!!

この作品は、きまぐれで描き始めたのと、元々壁に備え付けるために作ったレザーポケットの裏に描いたので、現在はレザーポケットとして使われているため壁に打ち付けちゃって見えません。笑
写真として記録に残しておいて良かった。

最近はゼンタングルを描く時は動画を残すようにしています。
Youtubeに動画を少しずつUPしていこうと思っていますのでよろしければ見に来てください。

更新のお知らせを受け取ろう!

SNSアイコン私の作品や制作過程などの情報は「Instagram」で、
ブログ記事の更新は「Twitter」でお知らせしています。

絵の描き方やアーティストのセルフプロモーションの方法などを知りたい方は、
上記SNSで質問を受け付けていますので、興味がある方は是非フォローお願いします。

Instagramでフォローする  Twitterでフォローする 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です