投稿ナビゲーション

パンダ Panda イラスト illustration

新作イラスト”Mr.Panda”☆パンダのデザイングッズ

現在、ねこだらけ、ぶただらけ、さかなだらけ、に次ぐ第4弾の「だらけシリーズ」を製作中です。

ねこだらけ
ぶただらけ
さかなだらけ

それは、ぱんだだらけ!ぱんだらけ!

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

IMG_7597

Society6で購入可能★魚デザインのiPhoneケース/トートバッグ/マグカップなど

前回のブログでは「SAKANADARAKE」のラフスケッチをご紹介しましたが、
ようやく完成したので完成品をお披露目★

魚好きの方のためのデザインです!

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

mug

イラストレーションメッセージ★ネガティブなウサギのお話

またまたちょっと前のイラストでSociety6の商品を作りました。

【ネガティブラビット(Negative Rabbit)】

「彼、ネガティブウサギは常に自分の”失敗(mistakes)”や”後悔(regrets)”や”孤独(loneliness)”を持ち歩いています。

「そんなものは持っていても、何の役にも立たないよ」そう教えてくれる髭の男性。
「Leave it all behind(そんなのは全部置いていけ)」

 

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

17427210_6228817-frm715bl01_lz

3年以上前に描いていたゼンタングル★マオリ族の格言を元にした元気の出るイラスト

何度か書いたことがありますが、現在の様に「ゼンタングル(Zentangle)」と言われるようなアートが流行る以前に、自分はそのような絵を描いていました。
その当時はゼンタングルと日本語で検索しても、自分のブログしかヒットしないような時期でした。

自分が描いていたのは、主には植物のパターン(ボタニカルパターン)と、トライバルパターン(部族模様)と、幾何学模様を組み合わせた落書きの延長線のような絵と自分でとらえて、自分ではそういう絵を描くときは自分のことを「Doodler」(落書き家)と呼んでいたこともあり、今でもArtist/Doodlerと名乗っています。

そんなゼンタングルという言葉も日本に入ってきていなかった当時の絵の一つで、
この「Maori & Sun」があります。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

mug

バレンタインにピッタリ☆自分の気持ちをストレートに表現したイラスト商品!

もうすぐバレンタインですね。

30を過ぎて普通にフリーで家にこもって絵を描いている自分には特に関係のないイベントですが、チョコは大好きです。笑
でも、チョコレートを渡す代わりに、このイラストはどうでしょうか?

これも数年前に描いたイラストで、直球の愛の告白とでも言いましょうか、、そんなイラストがあったのでSociety6にて商品化しました。
(商品化のブログ記事ばかりですが、最近は過去のイラストを見つけてはSociety6にUPするという作業がメインの為ご了承ください。。商品を売りたいというのよりも、イラストの形だけだったのがiPhoneケースとかTシャツにプリントされているのを見るのが楽しいので量産してます)

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

17365156_4737498_lz

革に電気ペンで描いたフラミンゴ★Society6で販売中!

かなり前に、電気ゴテで革の裏の起毛を焼きながら描いたフラミンゴがありました。。
(この画像の記事はこちら)
leather flamingo 1 leather flamingo 2 leather flamingo 3 IMG_3864

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、革の裏面にはどのような感じで描けるのかのテストの為に、なんとなーく描いたもので、現在はこれは見えないようにして別の革細工の一部として使ってしまっていますが、一応全体図の写真は残してありました。

何となく、写真だけ残しとくのももったいないなと思い、Photoshopで加工してデジタルのデータにしてSociety6のグッズにしてみました。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

無題

意外と簡単!? 海外ドロップシッピングサイト”Society6″を使うメリット

僕Noah’s ARTは自身のオンラインショップとして海外ECサイトの”Society6”を使っています。
仕組みとしてはドロップシッピングという形態なのですが、まだまだ日本人でSociety6を利用しているクリエイターやデザイナーさんは少ないですが、僕の思うSociety6のクリエイター側のメリット/デメリットをここでご紹介いたします。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

スポンサー広告