投稿ナビゲーション

10390999_319929041529747_6573755394740242526_n

イチョウの簪(かんざし)でコラボレーション < ch:farm × Noah's ART >

縁というのは恐ろしくも素晴らしいもので、以前東京の代々木公園を散歩していて、拾ったイチョウに描いた絵をFacebookInstagramにUPしたところ、友人が「自分の知人にイチョウやリンドウの花を使ってアクセサリーを作っている人がいるので、画像をシェアさせてください」とのコメントを貰い了承した所、「ちょっとお会いしたいそうです」とすぐに返信。。

あれよあれよという間に、引き合わせていただいた方にお会いしてお話をし、そのときに描いたイチョウも持参して渡したところ、数日後に「サンプルですがこのような形になりました」とこの写真を頂きました。

引き合わせていただいたこの方「ch:farm(チャーム)」というアクセサリーブランドを立ち上げてらっしゃる方なんですが、色々と話が進んできておもしろい事になってきました。
Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

革に絵を描く方法<バーニングレザーアート>

自分は何にでも絵を描くのですが、久しぶりに革に絵を描きました。
まずはその様子を動画でどうぞ♪

今回は古くからの友人の依頼で、オーダーメイドで革の定期入れ(パスケース)をハンドメイドで作ることになり、デザインはお任せで絵を入れて欲しいとの事だったので、絵を考えながらまずは革のパスケース作りから開始。。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

IMG_6241

Day 4 – 5. Wall Painting at SWAG.

池袋にある”SWAG.”にてウォールペインティングを初めて5日目。

ここまでの製作時間は、、、

1日目:3時間
2日目:10時間
3日目:5時間
4日目:4時間
5日目:4時間

シャンプーブースの両サイドの壁はおおむね埋まってきました。完成度は75%位。
IMG_6242IMG_6229IMG_6230

 

 

 

 

5日目に右壁の空をカムフラージュ柄で埋め、枝葉の隙間を2-3mm残してベタ塗りしていきました。
IMG_6204 IMG_6208アシスタントとして紅型染め/スパイス料理/ハンドメイド小物作家の修行中のMari Hiratsuka さんに来てもらい、ベタ塗り作業をお願いしました。

彼女はイベントの度にお手伝いをお願いしているパートナーでもあり、個人でも中東料理(パレスチナ、北インド:ラダック地方の料理)や、琉球紅型染めインドネシアのバティックや着物の生地などを使った小物作りなどをしている作家さんで、手先が器用なので細かい作業を今回もお願いしています(結構細かくてめんどくさい場所を押し付けてます)。 Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

IMG_3828

電気ペンで革に絵を描く☆ハンドメイドレザーポーチ

先日に引き続き、勢いそのままにもう一つ革細工でポーチを作りました。
ポーチそのものが欲しかったというよりは、革細工の何かに絵を描きたかったから作った、、、そんな感じです。
IMG_3822ポーチの製作過程は、素人作業なので割愛^^
黒い革は元は革バッグの底革になるものを折りたたんで、
両端を縫って袋状にし、ボタンホックを付けて閉じるようにしました。

大事なのはここからここから。

 

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

IMG_3816

革でブックカバーを手作り!革に絵も描きました。

お正月三が日は、物作りの時間となりました。
(友人とシェアして住んでいるため)一人になる時間がほぼないのですが、
この時ばかりは自分以外の全員が帰省し、寂しさを物作りでまぎらせました(笑)
以前から、革に絵を描いていますが、自分用にも何か革で作りたかったので、普段から愛用している無印良品の単行本ノートのカバーを革で作り始めました。
IMG_3804IMG_3805レザークラフト自体は、見よう見まねなので素人仕事ですが、自分が使うものなのであまり気にせず、チクチクと夜中から作業を始め、カバーの全容ができたのは朝方の4時でした。
Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

DSC_2035

ゼンタングルの刺繍とバティックのクルミボタンのプレゼント

先日、12月3日は僕の30歳の誕生日でした。

今までにないほど色んな人に祝ってもらい、
とても素敵な誕生日になりました。

自分の周囲にいる人たちは、物作りをする人がとても多く、
今までもらったことがないようなプレゼントを頂きました。 Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

leather drawing

革絵 ~Leather Drawings(レザードローイング)~

Doodler(落書き家)として色んな媒体に絵を描く僕ですが、
特に絵を描くのが楽しいのが、

革(Leather)」です。

革には「電気ペン/バーニングペン」などと呼ばれる、
はんだごてのようなもので、表面を焼き焦がしながら絵を描いています。 Full Article

スポンサー広告