投稿ナビゲーション

adobe紹介記事

Adobe Creative Cloudの公式Facebookページで紹介していただきました。

先日、Aodbeの方から連絡をいただき、Adobe Creative Cloudの公式Facebookページで、Behanceを利用している日本人アーティストを取り上げているとのことで、Behanceの作品を見て連絡をくださったようです。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

無題

ARTIST PRESSインタビュー記事掲載☆アーティストに必要な「自己分析力」とは

約2ヶ月ほど前の話になりますが、アートメディア「ARTIST PRESS」様のアーティストインタビューを受けました。そして、先ほどインタビュー記事が公開になりました。

わざわざ週末に最寄りの駅までお越しいただき、約2時間ほど自分の経歴や製作の流れ、表現方法などについてお話をさせていただきました。(代表の蔵田様、三浦様先日はありがとうございました)

インタビュー内容につきましては、ARTIST PRESSの記事をご覧いただければと思いますので今回は割愛いたしますが、そのインタビューの話の中で多くを占めたのが「アーティストの売り出し方」についてでした。

インタビュー三浦貴生(Noah’s ART) -アーティストの自分をプロデュースする-

ARTIST PRESSでは、アーティストのインタビュー記事や作品紹介記事などを通してアーティストにスポットライトを当てており、アーティストの認知度を高めるのを手助けしています。

「そもそも、日本のアーティストは自分を売り込むのがあまりうまくない」

という話になり、僕自身が行ってるセルフプロデュース方法に話は及びました。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

0004807234_100

アーティスト同士の縁★Sputnik Sweetheart

縁とは本当に不思議な物だなと思います。

自分が絵の仕事をする傍ら働いている職場に、自分以外にもアート活動をしている方がちらほらいます。今の時代、そこまで珍しいことではないのかもしれませんし、東京のような場所ならなおさらよくある話かもしれません。

自分でフリーランスとしてお仕事の依頼を頂き、試行錯誤を繰り返しながら積み重ねてきた経験は、会社の物ではなく自分自身のものとなります。それは良い評判も悪い評判も含めての話なので、一概にいいことばかりだとは言えませんが「自分次第」という所が面白いなといつも感じます。

そんな自らが得た経験や信用は、誰に対してどのように使うかを選ぶ事が出来ます。

会社では利益にならない仕事はなかなか受けられませんが、僕自身はフリーランスとして「自分が仕事をしたい人と仕事をする」選択権を持っています。

自分が自分自身の時間や経験等を共有したいなと感じるのは、やはり縁だったり、その人と仕事をするのが楽しいから、その人自体を応援しているからなど理由は様々ですが、アーティスト同士のつながりは時に利益よりも個人個人の盛り上がりでコラボが生まれ、各々が楽しんで仕事をすることで思いもよらない成果をもたらすこともあります。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

Society6 curator

Society6でCurator Program(キュレータープログラム)が開始!アート作品を紹介してお金が稼げる!?

Society6で「Curator Program (キュレータープログラム)」がスタートし数か月が経ちました。

以前、こちらの記事「Society6を使うメリット」をご紹介した中でも少しだけキュレーションプログラムについて書いたのですが、自分の所にキュレータープログラムを使いませんか?という内容のメールが届いたので、詳細をまとめてみました。

早速登録してみたので、使い方をご紹介したいと思います。

商品を紹介して紹介料がもらえる!キュレータープログラムとは?!

Society6のキュレータープログラムに登録することで、各商品のCurator Link(キュレーターリンク)を手に入れることが出来るようになります。

手に入れたCurator Linkを自身のブログやSNSでシェアをし、訪問者が紹介されたリンクを経由して商品を購入することにより、紹介したあなたに紹介料が支払われる という仕組みです。

SOciety6のCurator Programの使い方は!?

b

■1.Receive 10% Curator Commission :キュレーターコミッションは10%

商品を紹介することで得られるコミッションは、商品の金額の「10%」です。

リンクを作成した商品が、$35のiPhone6のスマホケースだった場合、コミッションは$3.5という事になります。 例外は、添付画像にも記載されていますが、Society6では、Art Prints / Framed Prints (アートプリント&額装済みアートプリント)は、5つのサイズがあるのですが、各サイズごとの金額は商品製作時にアーティストが販売額を自分で決めることが出来るので、金額がまちまちです。

そのため、アートプリントと額装済みアートプリントに関しては、Society6であらかじめ決められた基準額の10%がコミッションとなると記載されています。

c
■2.No Minimums :最低金額の設定はナシ!

アフィリエイトやドロップシッピングでよくありがちな、「〇〇円以上になったらお支払い」といった支払いの最低金額という物がありません。
たとえ1か月間で2ドルのコミッション収益しかなくても、確定した金額がちゃんと支払われます。(※支払いを受け取るにはPayPalアカウントが必要!)

d

■3.No Cost to Signup :参加費無料!

キュレータープログラムに参加するために費用はかかりません。
Society6キュレータープログラムに登録して、お持ちのPayPalアカウントを登録したら、アーティストの作品をシェアするだけです!

(自分はどちらかというとPayPalのアカウント登録に苦戦しました。 ^^;)

e
■4.Realtime tracking :リアルタイムトラッキング

各商品ごとの売り上げは販売個数などはリアルタイムで反映されているので、いつでも自身のアカウントのErnings(収益)で確認することが出来ます。

f

■5.30 Day Site Cookie :30日間のサイトクッキーが有効

あなたが紹介したリンクから来た訪問者が、その場ですぐに商品を購入せず数日後に商品を購入したとしても、Cookieが30日間有効なため、あなたがシェアしたリンクから訪問して30日以内の購入であれば、あなたにコミッションが支払われます。

g
■6.30 Day Cart Cookie :30日間のカートクッキーが有効

ショッピングカートもまた、どこから来た訪問者なのかを記録します。紹介したリンクから訪問し、数日後にカートに商品を追加した場合、その日から更に30日間のCookieが有効になります。 ただし、すでにショッピングカートに商品が追加されている段階で、あなたのシェアしたリンクから訪問しても、そのショッピングカート内の商品はあなたの訪問による購入とはみなされません。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ボタニカルゼンタングルの描き方

本日は、ボタニカルゼンタングル(botanical doodle / zentangle)の描き方動画のご紹介と、動画内で使ってるテクニックやパターンの簡単なご説明を致します。

まず、僕Noah’s ARTのゼンタングル/ライブペイント動画も徐々に増えてきて、現在約40個ほどYouTubeにUPされています。(すべての動画は、当Web site内の“Movie”ページにございます)

Noah’s ARTのYouTubeチャンネルも、現在10万回以上再生され、チャンネル登録者数も毎日増えております。ご覧くださってる皆様ありがとうございます。

というわけで、最新の動画から、いくつかテクニックやパターンをご紹介いたします。

動画の詳細説明はこの先へ

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

travellution singapore

海外旅行雑誌Travellution Singapore★ヘナアーティストの特集記事で紹介

少し前になりますが、海外旅行雑誌「Travellusion Singapore」にHenna/Mehndi(ヘナ/メヘンディ)アーティストとして紹介していただきました。

travellution magazine

 

 

 

 

 

 

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

知っておきたい世界の絵描き・アーティスト★まとめ 

今回は、僕Noah’s ARTがごくごく個人的にお勧めしたい世界のアーティストをご紹介します♪

イラストレーターやDoodler(ドゥードラー)、画家など「絵を描く」と言っても、様々なジャンルがありますが、すべてひっくるめて自分の好きなアーティスト達です。
自分が絵を描く時に参考にしているアーティストや、真似できないけどすごいなーと定期的に活動を見たくなるアーティストさんなど様々です。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

無題

A LIFE CHANGING JOURNEY

数週間前に、オンラインプロフィール作成サイト”About.me”のスタッフから「Depth interviewをさせてください」とのメールが届きました。

以前も、アーティストとしてプロフィールを作成している世界中の人の中からピックアップして紹介していただいた(前回の記事)のですが、今回はオフィシャルブログ内で、僕個人にフィーチャーしてインタビュー記事を載せさせてほしいとのことで、結構長文のインタビュー用の質問項目が送られてきました。

今回の記事では、自分が絵を描く事になったきっかけや、東京のこと、自分のキャリアのことなどを書いていただいてます。

英語でのインタビュー記事になりますが、よろしかったらご覧ください。

A LIFE CHANGING JOURNEY : TAKAO MIURA

 

スポンサー広告