投稿ナビゲーション

YouTube 2000

YouTubeチャンネル登録者数2000人突破記念☆人気ゼンタングル動画BEST3!

おかげさまで、Noah’s ARTのYouTubeチャンネル登録者数が2000人を超えました!

前回1000人を超えた時にも、記事を書きましたがその時から約2ヶ月半で2000人到達となりました。

いつもご覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。

今回は、2000人到達の区切りといたしまして、Noah’s ARTのゼンタングル動画で、再生回数が特に多かった動画とその理由を分析してみたいと思います。
もし、自分の様にドローイング動画をYouTubeにUPしている方がいらっしゃいましたら、ちょっとでも参考になればと思います。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

mug

人見知りイラストレーション★私は羊、あなたはオオカミ

人見知りの人は「私人見知りなんで、、、」って自分で言ってたりしますが、
人との出会いはいつも好奇心と自分の行動力で作るもので、待ってても中々来てくれるもんではないですよね。

自分は、人見知りはあまりしないですが、やはり人と出会って、知ってもらえてお仕事になることを経験しているので物怖じして閉じこもっていてもだめなことを理解しているからでしょうか。

色々なイベントを主催したりしながら、人との出会いの場を作っていると、
たまにこのイラストのように、「ヒツジちゃん」または「ヒツジくん」がいます。。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

和柄の描き方 #1 “矢絣(Yagasuri)”

今回は初めての試みで「和柄」のチュートリアルを作ってみました。

というのも、和柄のデザインの良さはもちろん、それぞれのデザインに意味もあります。
最近はやっているゼンタングルの教本などには色々なパターンが描かれていますが、由来や意味などまであるパターンやデザインはどれだけあるのでしょうか?

自分がトライバルデザインが好きなのも、それぞれの形やデザインに意味があるからです。
呪術的な物や祈りなど様々ですが、なぜだかそういうものに惹かれます。
幾何学的な模様も良いですが、絵に四季や自然、意味やリラクゼーション効果を持たせることが出来れば、もっといいのになと常々思っています。

そんな和柄のいくつかを少しずつチュートリアルなどにして、Youtubeにアップロードすることで、そんな意味も伝えられたらいいかなと思っているので、また頃合いを見て他の和柄の動画を作ってみようと思っています。

今回作成した動画は「矢絣(やがすり)」です。
まずは動画をどうぞ。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

Zentangle / ゼンタングル

ゼンタングルの描き方

先日、久々に「ゼンタングル(Zentangle)」を描いてみました。

僕自身、ゼンタングルは習ったことが無く(アメリカでは商標登録されており、ゼンタングルの講師のライセンスはアメリカで取得可能だそうです。)自分は独学なので、ゼンタングル風と思ってみていただければと思いますが、最近のように日本で「ゼンタングル(ZIA)」として広まり始める前から、自分はこの画像のような絵を描いていて、ふと検索で引っかかった自分の絵にとても似た絵をアメリカでは「Zentangle」と呼んでいることから、「あ、ゼンタングルって言う種類の絵なんだ」という事で自分でカテゴライズしています。

ゼンタングルの権利関係などについては下記関連記事をご覧ください。
◆関連記事:「ゼンタングルと著作権/商標について思うこと

Zentangleとして商品を販売することは「NG」という事ですので気をつけてください。

自分の絵に関して言えば、実際に習ったものではないことと、自分のオリジナルのデザインが多分に入っていますので、実際は「Noah’s ARTのDrawing(ドローイング)やDoodle(ドゥードル:落書き絵)」などのように解釈していただいた方がいいのかもしれません。

自分はゼンタングルと言っていなくても、海外でシェアをされたときにゼンタングルと認識されることが多いので、その一種という事で「ゼンタングルの描き方」とタイトルにはありますが、参考程度に下記の動画の説明をご覧いただければと思います。

今回の絵には様々なパターンが入っています。
まずは動画で描いている過程を撮影していますので、是非ご覧ください。

ゼンタングル(Zentangle)の描き方詳細については、下記「続きを読む」から先に進んでBlog記事全文をご覧ください。
Full Article

スポンサー広告