投稿ナビゲーション

ラインドローイング Rhino(シロサイ)

シロサイのラフスケッチ☆society6

2015年もあと僅かとなってきました。

日々いろんなアーティストさんの作品を見ては真似をしたり、あまりの技術差にショックを受けながらも描かないことには何も始まらないし進まないので、構図や構想がまとまらないときは動物や植物のスケッチをして少しでも描くようにし始めました。

IMG_0363[1]できるだけ、ラインドローイングの要素をしっかり残そうと、いつも使っている0.1mmのドローイングペンで描いてみました。

「シロサイ(Rhino)」を描くのは初めてでしたが、ごつごつした印象の皮膚は本当は点描でもっと細かく描きたいところだったのですが、今回はあくまでもラフスケッチベースに、ラインドローイングの陰影をつける練習という感覚で進めるためスピード重視でざっと描きました。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ボタニカル ゼンタングル

綺麗な陰影をつけて描く立体的なボタニカルゼンタングル

最新のゼンタングル動画公開です☆

How to draw Botanical Doodle / Zentangle #11

今回は、細部の陰影や線の流れなどにも極力工夫をしてみることにしました。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ボタニカルデザイン

ボタニカルデザイン★植物デザインの描き方動画

Noah’s ARTの最新ボタニカルドローイング動画のご紹介です!

 「How to draw botanical doodle / zentangle #10」

まずは動画を見ていただきたいのですが、いつも僕はYouTubeのタイトルは英語で付けています。と言うのも、僕Noah’s ARTのYouTubeチャンネル視聴者のうち、日本の方はわずか12%なんです!!

なので、僕の動画チャンネルを見に来他は良いものの、「タイトルを見ても英語だから分からない」と言う方もいらっしゃるかもしれません。

簡単に今回はその辺の用語(英語)もご説明出来たらいいなと思っています。
特にゼンタングルは、”アメリカ発”とのことでパターンやデザインをお探しの方はカタカナで「ゼンタングル」と打ち込んで検索するよりも、Zentangleと検索したほうが沢山参考になるサイトや画像が見つかると思います(もちろん見つかった先は英語ですが)。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ボタニカルゼンタングルの描き方

本日は、ボタニカルゼンタングル(botanical doodle / zentangle)の描き方動画のご紹介と、動画内で使ってるテクニックやパターンの簡単なご説明を致します。

まず、僕Noah’s ARTのゼンタングル/ライブペイント動画も徐々に増えてきて、現在約40個ほどYouTubeにUPされています。(すべての動画は、当Web site内の“Movie”ページにございます)

Noah’s ARTのYouTubeチャンネルも、現在10万回以上再生され、チャンネル登録者数も毎日増えております。ご覧くださってる皆様ありがとうございます。

というわけで、最新の動画から、いくつかテクニックやパターンをご紹介いたします。

動画の詳細説明はこの先へ

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

うねうねZentangle(ゼンタングル) by Noah's ART

ちょっと不規則でウネウネなゼンタングルの描き方

寝る前の小一時間で、精神統一のドローイング。

普段はボタニカル(Botanical)バターンがおおいので、今回はちょっと何でもアリのうねうね系のドローイングにしてみようと思い立ち、うねうねからスタート。

まずは、ドローイング動画はこちら

 

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

スポンサー広告