投稿ナビゲーション

無題

モノづくりを仕事にするうえで大切なことについての考察

モノづくりを仕事にする方法

最近、妻のハンドメイドアクセサリーサイト「Baby Cardamom」が好調のようで、我がことの様に嬉しいです。

先日もこちらの記事で紹介しましたが、ロゴデザインは僕が担当しました。

7915854d70b12866b4c71ee738e59496スパイスを使ったアクセサリーというのはやはり珍しいらしく、また日々作品のクオリティも上げるよう努力しているようで、意識的に創作活動に励むというのはいい流れを引っ張ってくるのだなと思います。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

IMG_0035[1]

絵/線画/ゼンタングルをうまく描くコツ?

最近は、自分の作品制作に時間を取られ中々ブログを更新できずにいましたが、自分の絵のクオリティや世界観を広げるため試行錯誤しながら絵を描く日々が続いていました。

そんな中でも、日々YouTubeやInstagramのチャンネル登録者さんの数は増えていき、コメントも良くいただけるようになってきました。

ただ、、

海外からの質問に多いのですが、「自分も絵を描くんだけど何かコツは?」というもの。。

結構困ります(゜_゜>)

「たくさん描いてください」としか言えないからです。

そう答えると「Haha, thanks」といった感じで残念がられます。

自分自身、日々試行錯誤しながら、うまい人の絵を見ては線の描き方などを真似して、点描の打ち方を真似して、世界観を自分のものにするべくいろんな人の作品を見て盗めるところは盗んでいます。

もし僕の絵で少しでも良いな~と思うところがあれば、盗んでください(笑)

自分が、他のアーティストさんの作品を見るときに考えることは以下の点です。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ボタニカルデザイン

ボタニカルデザイン★植物デザインの描き方動画

Noah’s ARTの最新ボタニカルドローイング動画のご紹介です!

 「How to draw botanical doodle / zentangle #10」

まずは動画を見ていただきたいのですが、いつも僕はYouTubeのタイトルは英語で付けています。と言うのも、僕Noah’s ARTのYouTubeチャンネル視聴者のうち、日本の方はわずか12%なんです!!

なので、僕の動画チャンネルを見に来他は良いものの、「タイトルを見ても英語だから分からない」と言う方もいらっしゃるかもしれません。

簡単に今回はその辺の用語(英語)もご説明出来たらいいなと思っています。
特にゼンタングルは、”アメリカ発”とのことでパターンやデザインをお探しの方はカタカナで「ゼンタングル」と打ち込んで検索するよりも、Zentangleと検索したほうが沢山参考になるサイトや画像が見つかると思います(もちろん見つかった先は英語ですが)。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

pilot ink Gペン

Gペン★Pilot製図インクを購入! 初めてつけペンで描いてみた

最近は、しばらく細いペンで細かい絵を描いてきて、ちょっと現在休憩中。

絵自体は、細かさを競うようになっちゃおしまいだなーと思いながら、
中々一つの絵に時間を割けなくなってきたので、もうちょっと違うテイストで描きたいなと最近考えていました。

そこで思い立って、仕事終わりに新宿の世界堂へ。。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

うねうねZentangle(ゼンタングル) by Noah's ART

ちょっと不規則でウネウネなゼンタングルの描き方

寝る前の小一時間で、精神統一のドローイング。

普段はボタニカル(Botanical)バターンがおおいので、今回はちょっと何でもアリのうねうね系のドローイングにしてみようと思い立ち、うねうねからスタート。

まずは、ドローイング動画はこちら

 

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ちょっとした工夫でゼンタングル/ドローイングに奥行きを生むテクニック

久々のチュートリアル動画です。

今回は、「絵に奥行きを生むテクニック」をご紹介します。
まずは動画をご覧ください。
Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ボタニカルゼンタングルの描き方 ~色ありver.~

2015年最初の動画です!

今回は、はがきサイズに線画でボタニカルパターンを20分、色付けを同じく20分かかって描いた絵です。まずは動画をどうぞ♪

この絵のコツやポイントは、、、
Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

趣味と仕事の境界線 ~自信をつける方法~

「絵を描いている」、「物作りをしている」そういう方は沢山いらっしゃると思います。
しかし、”趣味”ではなく、”仕事”としている方はやはり少ないように感じます。
更に言うと、実は、若干の収入はありながらも、「”仕事”と言い切れない段階」というものが存在すると思います。

自分も、最初は絵を描いていることを周囲に言ってはいましたが、「絵を描いてるんだって!?」と聞かれても、「まぁ、趣味程度に」とか「落書きだよ」とか言っていました。
若干の収入はありましたし、将来このまま絵の仕事が増えたらいいなと思いながら絵を描いていたにもかかわらず、なんだか「仕事です」と言い切れなかったんです。

要するに、「自信が無かった」んですね。

自分が思う、「自信を持つ方法」と「続けることの意味」などについて思うことを書きたいと思います。
Full Article

スポンサー広告