投稿ナビゲーション

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

2017年の抱負と目標

新年あけましておめでとうございます。

今年も、Noah’s ARTをよろしくお願いいたします。

2016年は、Perrocaliente様より「Plyday」の商品デザインや、日本デザインセンター様からの依頼で三越伊勢丹のイベント「Japan senses」のメインビジュアル用のデザインを担当させていただくなど、新規クライアント様とのお仕事の機会を多くいただく年となりました。

2017年は、いくつか計画していることがあります。

そして、それは僕個人だけではなく、このウェブサイトを今現在ご覧いただいている「皆様」も巻き込んだ新たなプロジェクトになります。

まずは、その新規プロジェクトに向けサイトのリニューアルを行う予定です。

今までは、僕自身の作品紹介と活動報告がメインとなっていましたが、今後は自分の経験やコネクションを活かして、皆様に様々な形で情報やテクニック、アイディアやビジネスチャンスなどの提供ができるサイトにしていく予定です。

そして、より僕自身を知っていただく場になるようにしたいと思っています。

去年末にインタビューをしていただいたJDN「登竜門」様の記事が、今月半ばころに公開となる予定ですが、その中でも話している内容が今回の新規プロジェクトに関係していますので、是非JDN「登竜門」のサイトもチェックしていてください。

登竜門HP

今、ご覧になってくださっている方の中でも特に、

〇独学だけど絵で収入を得たい方
〇ゼンタングル、ドローイング、線画、植物画、コロリアージュ(大人の塗り絵)を趣味でやっている、もしくは興味がある方
〇セルフプロモーションの方法を学びたい方
〇WEBマーケティングによって自分のアート作品の認知度を上げたい方
〇僕の作品を購入したい、もしくは仕事の依頼をしたい方

等は、是非経過を追ってみて下さることをお勧めします。

今年の目標は、

【 僕Noah’s ARTをより知ってもらい、共感していただける仲間と共に、新たなアーティスト活動の基盤を作ること 】

です。

目標の達成に向けて、全力で邁進していきたいと思っておりますので、2017年度も私Noah’s ARTを、どうぞよろしくお願いいたします。

Noah’s ART

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

Noah’s ARTインタビュー取材@JDN/登竜門

アートやデザインに携わる人ならおそらくほとんどの方が知っているであろうコンテスト情報サイト「登竜門」。

国内外のアート/デザインに関するコンテストを集めた情報サイトで、自分も以前は良くサイトを見て、参加できそうなコンペがないかどうか見ていました。

そして先日、運営会社であるJDN(ジャパンデザインネット)さんにて、アーティストインタビューを受けてきました。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

ARTIST PRESSインタビュー記事掲載☆アーティストに必要な「自己分析力」とは

約2ヶ月ほど前の話になりますが、アートメディア「ARTIST PRESS」様のアーティストインタビューを受けました。そして、先ほどインタビュー記事が公開になりました。

わざわざ週末に最寄りの駅までお越しいただき、約2時間ほど自分の経歴や製作の流れ、表現方法などについてお話をさせていただきました。(代表の蔵田様、三浦様先日はありがとうございました)

インタビュー内容につきましては、ARTIST PRESSの記事をご覧いただければと思いますので今回は割愛いたしますが、そのインタビューの話の中で多くを占めたのが「アーティストの売り出し方」についてでした。

インタビュー三浦貴生(Noah’s ART) -アーティストの自分をプロデュースする-

ARTIST PRESSでは、アーティストのインタビュー記事や作品紹介記事などを通してアーティストにスポットライトを当てており、アーティストの認知度を高めるのを手助けしています。

「そもそも、日本のアーティストは自分を売り込むのがあまりうまくない」

という話になり、僕自身が行ってるセルフプロデュース方法に話は及びました。

Full Article

スポンサー広告

投稿ナビゲーション

A LIFE CHANGING JOURNEY

数週間前に、オンラインプロフィール作成サイト”About.me”のスタッフから「Depth interviewをさせてください」とのメールが届きました。

以前も、アーティストとしてプロフィールを作成している世界中の人の中からピックアップして紹介していただいた(前回の記事)のですが、今回はオフィシャルブログ内で、僕個人にフィーチャーしてインタビュー記事を載せさせてほしいとのことで、結構長文のインタビュー用の質問項目が送られてきました。

今回の記事では、自分が絵を描く事になったきっかけや、東京のこと、自分のキャリアのことなどを書いていただいてます。

英語でのインタビュー記事になりますが、よろしかったらご覧ください。

A LIFE CHANGING JOURNEY : TAKAO MIURA

 

スポンサー広告