gumroad 塗り絵 コロリアージュ

大人の塗り絵(コロリアージュ)用デザインをデータ販売開始@Gumroad

大人の塗り絵(コロリアージュ:Coloriage)にハマっている方が数多くいらっしゃるようで、出版関係や個人のファンの方からも「絵に色を塗りたい」とご要望を頂くことが相変わらず多いので、Gumlaodというサービスを使って、今までに描いた絵の中から塗り絵によさそうなものを選んで、販売してみることにしました。

自分の絵は、幸か不幸か「額に入れて眺める」と言うよりも、実際に真似して描いたり、色を塗って楽しんでもらったりしやすい絵なので、そういう面で需要はあるかな、と思っていたので物は試しでやってみることにしました。

簡単にデータを販売できる!?Gumloadとは!?

2013年に登場した、決済機能が付いたURLを簡単に発行できるようになり、自分のコンテンツを直接ファンや顧客に販売できるといったサービス。

データをアップロードしてリンクを作成したら、そのリンクをシェアすることで簡単にCtoCの売買ができて、購入者はカード決済ですぐにダウンロードすることが可能になるといったものです。

自分は今回1枚につき2ドル(自分の絵を見て下さっている中には海外の方も多いので、今回はドルでの販売)で、絵をダウンロードできるようにしました。

今回商品として販売したのはこちら ↓

塗り絵 コロリアージュ ダウンロード

■ボタニカルスカル(塗り絵用)

https://gumroad.com/l/tUVXf#

塗り絵 データ ダウンロード

■ボタニカルドローイング No.1
https://gumroad.com/l/lUbv#

塗り絵のデータ販売で出来ることとは?!

今回、Gumroadでの販売に関して懸念がいくつかありましたが、販売するにあたって思ったことは「とりあえずやってみよう」ということです。

今の時代、コピーする人はコピーするし、無料で色んなものが手に入る時代に、1,2ドルと少額でも払う人はいないんじゃないか、と言う人も多くいらっしゃいますし、確かにその通りだとも思います。

ただ、自分が危惧してることの一つに「物作りには”アイディアを考える時間”や”実際に創作にかかる時間”」があること、を価値として理解できない人が多く存在し、そういう理解不足がエンジニアさんやデザイナーさん、アーティストさんの価値を殺してしまっていることもしばしばあるように思います。

商品は無料で手に入るからわざわざ買わなくていい、と考える人はきっと物を作ることは出来ない人でしょう。

また、最近話題のオリンピックのロゴのデザインの件に関しても、「公募して子供たちにデザインしてもらったら?」とか言ってる人もいるようですが、そういう意見が「デザインにお金を払わなくてもいいんじゃない?」という背景から来ているのであれば、日本でデザイナーやアーティストは育っていかないでしょう。

自分は作る側なので、商品を見た時に作り手の顔を想像してしまうので、その商品が無料だったり、すごく安く販売されている時には逆に”作り手にちゃんとお金がまわっているのだろうか?””何か裏があるんじゃないか?”と疑ってしまったりします。

そんな中、このように作り手から消費者へ、少額ながら価値をしっかりつけて直接販売できるシステムは作り手にとってありがたいものだと思います。

このGumroadで食べていける、そんな人は多くはいないと思いますが、絵描きさん、写真家さんなど、チャレンジしてみるのもいいのではないかと思いました。

もし、上記リンクから絵をダウンロードして下さった方で、色を塗って下さった方は是非写真などで撮って見せていただけますと嬉しいです。 自分のブログやtwitterなどで紹介させていただきます!

ダウンロードはこちら
ボタニカルスカル https://gumroad.com/l/tUVXf#
ボタニカルドローイング No.1 https://gumroad.com/l/lUbv#