pilot ink Gペン

Gペン★Pilot製図インクを購入! 初めてつけペンで描いてみた

最近は、しばらく細いペンで細かい絵を描いてきて、ちょっと現在休憩中。

絵自体は、細かさを競うようになっちゃおしまいだなーと思いながら、
中々一つの絵に時間を割けなくなってきたので、もうちょっと違うテイストで描きたいなと最近考えていました。

そこで思い立って、仕事終わりに新宿の世界堂へ。。

Gペン(ゼブラ)とPilot製図インクを購入!線に強弱をつけよう!

IMG_7526購入したのは、漫画家さんが良く使う「Gペン」と「PILOTの製図用インク

左の画像のように、ペン先に弾力があるので、筆圧で線の太さに強弱をつけることが出来ます。

ただ、、

思ったよりか難しい。。

 

使ってみてわかったGペンの難しさとは?

ペン先には色々な種類がありますが、この「Gペン」は弾力があって、強弱がつけやすいタイプです。

難しかったのは、

◆インクが切れるタイミングが分からない

かすれて2度描きになるのは避けたいところなので、ちょっと描いてはインクを付けてると中々さきへ進まず、長い線はどのくらいかけるのかまだつかめてません。

◆「丸」が描けない

ペン先に方向があるので、丸が上手く描けません。。。
味のある「〇」が描けるように練習あるのみです。

◆微妙に紙に引っかかる感覚がある

ペン先に弾力があるからか、紙に少し引っかかる感覚があります。
ペンを寝かせる角度などコツがあるのでしょうか。

◆線を描くスピードが速すぎるとかすれる

普通のボールペンやドローイングペンでは全く問題が無い速さでも、このペンだとかすれてしまったりします。ある程度ゆっくり線を引かないといけないようです。

そんなこんなで、ちょっとお遊びで絵を描きました。

「鮭(ちょっとシャクレ)」
IMG_7521 IMG_7524意外と味のある線が描けました。

均一な線を描くのは、他のドローイングペンで、強弱のあるアウトラインを描くにはGペンはかなりいい味を出せそうで、書いていて楽しかったです。

細かく描きこまなくても、「なんかうまく見える!」とか「味がある」感じがします。笑

ただ、Gペンは慣れるまで時間がかかったり、向き不向きがあると描いてあるのを見ましたが、実際確かにもう少し練習しないとこの強弱をコントロールするのが難しそうです。

ただ、自分は0.1や0.05mmのドローイングペンで、強弱をつけるために2度書きするのは絶対にやりたくないので、このペンをコントロールできるように練習してみます。

 

 

そして、これからは、このGペンの練習がてら、色々とスケッチやイラストを描いてこのブログにUPしてみようかなと思います。

 

 

今回購入したらGペンとPILOT製図インクはこちらで購入できます。